FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
LOUD PARK 07 in OSAKA@大阪城ホール-10.23 : スポンサー広告 : no music no life : no MUSIC no LIFE

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



◇ カテゴリ : スポンサー広告

2日目ですー。
この日も予定通り思いっきりフライングして3時半ぐらいに城ホへ。笑
近くウロウロして、来る前に買ったDIRの新曲眺めてみたりポーション飲んでみたりしてました。
ポーションは特に美味しいともマズいとも言えない…。
反応に困るなぁ。
でも元々炭酸好きじゃないから全部は飲めませんでした。
あ、いや。こんな話じゃなくてですね。笑

城ホは初めてです。
というか指定席はDT以来じゃないのか。
最初は37列ぐらいで、後ろの方かもーなんて言ってあんまり期待してなかったんですけど、ステージプランが変更になったみたいで一気に前の方に。
16列でした。
しかもどセンター。
うぉぉー見やすい!!
いざ席に座ってみると周り全員マンソンファンみたいな感じでした。
マンソンファンは分かりやすい。笑

入ると既に前座始まってました。
何だか見てるこっちが居た堪れない…。
何故か謝りたくなった。すいませ…。
あれはクリマンに全責任があると思います。
決してアーティストのせいではないと思います。
うん、ですよね…?(聞くなよ


<nile>
SEが昨日と一緒。
いやいや、もうちょっと曲数増やせよ。
シンたまとマットはかっこいいけども!!!!笑
ナイル始まった瞬間立ったのうちらだけやって一瞬「え?」ってなった。
音鳴ったらみんな立ってたけどね。
かっこよかったですよ、ナイル。
みんなメタラーの格好で素敵。笑
ただリズムがコロコロ変わるのでちょっとノリにくい。
かっこよかったのはかっこよかったんですけどね。


<マリリン・マンソン>
SEからしてマンソン様仕様でした。
ステージには幕が下りるし。
始まってまず一番驚いたのはマンソン様意外にキレイ…っ!!
いや実はあたしの中でもっと背は低いイメージやったんですよね。
いい意味で衝撃でした。
あの体に触りたかった…っ!!
ホンマに体のラインが理想的。
エロい。
あ、もう変態発言は別ブログで散々してるんでこの辺にしときます。笑
最初からペットボトル投げてたんですけど、それがまためっちゃ飛ぶ。
あたしの斜め前の人とかが取ってました。
マンソン様、あたしはかっこよかったと思いますよー。
アンチ~で聖書燃やした時は「ぎゃああー!!」って叫んだし。笑
アレはホンマにかっこよかった。
あのパフォーマンスは凄い。さすが。
てゆーかラウパ前にわざわざブログに映像載せたにも関わらずあのお立ち台を「棺桶?」とかってイトコに言ってました…。
曲が始まって初めて分かったとか。
心底阿呆やなと思いました。
ビューティフル~ではマンソンは下手側の客席に下りてました。
もう警備員は客止めるのに必死。
マンソン見えへんーとか思いながらステージのギターさんを何故かじっくり見てました。笑
あたし的には楽しかったし、椅子が邪魔ー!!って思ったぐらいやったんですけど、マンソン様は終始ご立腹やったご様子。
後からネットで見て回るとどうもノリ悪かったらしい。
後ろの男の子たちも「かっこよかった!!」って言ってたぐらいやからそこまでノリ悪かったとは思わんかった。
酷かったらしいですね。
マンソン単独にして会場もライブハウスにしたらまた違ってたんちゃうかなー。
てゆーかどう見てもゼップで十分やったやろ。笑
わざわざ城ホでやる理由が分からんかった。
まぁ結果論ですけどね。


<ヘブンアンドヘル>
あんまり覚えてないんですけど…;
すいません;
ギターの格好が一瞬スラッシュかと思ってびびった。笑
ドラムソロ聴きながらATR見たかったなぁなんて考えてました。
考えて切なくなりました…あぁ、フィリップ…また来てね…っ!!
あんまり覚えてない上にサクソンのが好きやなぁと思いました。
何だか偉そうな感想ですいません…。



やっぱり2日続けてゼップで良かったと思います。
だってスタンドなんかガラガラやったし。
うちらが37列から16列になったのも客が思ったより入らんかったからですよね。
あと個人的にホールはどうも好きじゃない。
やっぱりライブハウスのあの独特な感じが好きやなぁ。
てゆーかサマソニみたいに大阪も同じ規模でやればいいのに。
ATR見たかったのに!!!!(まだ言うか
スポンサーサイト



◇ カテゴリ : no music no life
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。