上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
告白 : スポンサー広告 : no music no life : no MUSIC no LIFE

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



◇ カテゴリ : スポンサー広告
2007/06/08(Fri)   告白 : no music no life

ドリームシアターの新譜聴きましたよー。
タイトル通りのアルバムやと思います。
相変わらず機械的な演奏です。素晴らしい。
6曲目と8曲目が好きです。
特に8曲目の6分過ぎからがゾクゾクします。
かっこいい!!


wataruさん>うん、ヤバイ。笑
Caliban欲しいー!!
Still Remainsも早く聴きたいー!!
あの2曲聴くだけでもめっちゃ期待してしまうよな。
早く8月なれー!!
ラウドパーク、そうなるかもね。笑
その時はよろしくー!!



ずっと書くのを迷ってたんですけど、気持ちの整理がついたので書きます。

ちょっと前からDIRの話を書かなくなったのは、ちょっと距離を置いてたからです。
原因はあたし自身にありました。
DIRの新しいアルバムが出て、聴いてく内に違和感を覚えるようになってきたんですね。
「何かが違う」「何かが足りひん」って。
その時のあたしはDIRというバンドをただの音でしか見れてませんでした。
だから他の洋楽の上手いバンドと比べたりしてたんです。
歌詞なんか全然頭に入ってませんでした。
DIRというバンドは技術云々ではなく、「痛み」を表現し伝えるという意思のもとで活動するバンドなのに。
そうしたらますますDIRが聴けなくなって、虜とは言えないようになってきてたんですよね。
そんな状態が続いて、ある時久しぶりにDIRのDVD『AVERAGE PSYCHO』を見て思ったんです。
変わったのはDIRじゃなくてあたしやったんやなぁーって。
あたしが勝手にDIRの見方を変えて勝手に距離置いてたんですよね。
DIRが伝えるモノに共感して虜になったハズやのに。

『朔-saku-』を見て「これや!!」と思いました。
それまではDIRの曲を聴く度、好きやけどツラくなってたんです。
でもDIRの考え方とか伝えたいこととかを再確認して思いました。
やっぱりDIR EN GREYというバンドが世界で一番かっこいい。
DIRにとことん付いていきたい。
DIRしかないです。
技術なんか気持ちでどうとでもカバーできる!!
なんて言ったって虜ですから!!

誰にも言わなかったんですけど、虜魂復活したんで書きました。
ご心配なく!!
こういう心境の変化があって、今は完全に虜です。
ちゃんと胸張って言える!!
これからもDIR大本命でいきます!!

ということでDIR EN GREYです。
もうこの曲があたしの運命の曲になりそうです。
虜に出戻ったのもこの曲のおかげ、今またDIR熱復活したのもこの曲のおかげ。
この曲の持つ力がすごい。


ここまで読んでくれてありがとうございました!!
スポンサーサイト



◇ カテゴリ : no music no life
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。